マセラティ、電動化モデルはトリノ ミラフィオーリ工場を拠点

Published by PRTIMES on

 

2020年2月14日、モデナ発 – 既に発表の通り、マセラティは今後すべての新モデルに革新的で卓越した性能を実現する電動化技術を採用します。開発、設計および製造については、引き続き全てがイタリア国内で行われます。

電動駆動システムの開発発表に続き、マセラティブランドの電動化にむけた開発・生産計画がより明確に示されました。
マセラティの電動化への行程は本年より始まり、マセラティ初のハイブリッド車として「マセラティ ギブリ」が登場いたします。
ブランド初の100%電気駆動自動車となる、次世代「グラントゥーリズモ」と「グランカブリオ」の生産は2021年から開始されます。

マセラティは8億ユーロを投資し、トリノ ミラフィオーリを拠点に次期グラントゥーリズモとグランカブリオの製造を決定しました。マセラティブランドのフラッグシップとも言えグラントゥーリズモとグランカブリオの販売台数は、2007年から2019年において合計40,000台以上となりました。

2020年には、ミラフィオーリ工場は電動化と未来のモビリティに特化した世界のハブとして地位を強化し、その大部分をマセラティの新型電動化モデルの生産に割り当てます。

しかし、マセラティの心臓部は依然として、本社のあるモデナであり、そこでは開発やテスト、また新しいスポーツカーの生産が始まります。マセラティにとってモデナは、80年以上にわたり、高級感、上品さ、スタイル、性能と品質のすべてにおいて傑出した特別な車を生み出してきた場所であり、そこから70以上のマーケットへとクルマが届けられてきました。

2020年に、モデナで生産される全く新しいスーパースポーツカーは、最新技術とブランドの伝統的な価値を融合させたモデルとなるでしょう。モデナ工場の生産ラインでは、一部に新型スーパースポーツカーの電動バージョン対応に向けた、大規模な改修作業が進行中です。同時に、新設されたペイントショップの稼働も始まっています。

モデナはブランドの技術研究、開発、デザインの核となるイノベーション・ラボの本拠地でもあります。ここでは、現行車種およびニューモデルの開発が行われています。
ドライバーを優先するマセラティならではの総合的なアプローチで適用することで、デジタルプロセスにより商品開発が進められています。また、ハードウェアとソフトウェアを独自に組み合わせることで、顧客ニーズへの関心をバーチャルシミュレーションプロセスに緻密に織り込んでいます。
製品開発を支えるデジタル・プロセスは、DiM(Driver-in-Motion)技術を搭載する最新世代ダイナミック・シミュレーター 、スタティック・シミュレーター、そしてユーザー・エクスペリエンスにて行われます。

カッシーノに建設される革新的技術を有する新たな工場では新たなSUVの生産が予定されていますが、このモデルはブランドをさらに成長させる重要な役割を担うものと期待されています。約8億ユーロを投じて新しい生産ラインが割り当てられ、2020年の第1四半期末にはオープン、最初のプレシリーズ車は2021年までにラインオフする予定です。
マセラティは、「その音が変わるとき」と表現しています。この意味は、過去と未来が出会い、マセラティが未来に向けて世界の舞台へ立ち、今年の5月に明らかになるでしょう。

マセラティ S.p.A.
マセラティは、驚くべき個性を持つ唯一無二の車を製造しています。そのスタイル、テクノロジー、本質的に特別なキャラクターにより、マセラティは常に最高を求める人々の高い要望を満たし、自動車業界のベンチマークとなってきました。旗艦クアトロポルテ、スポーツセダンのギブリ、マセラティ初のSUVであるレヴァンテ、スポーツカーのグラントゥーリズモおよびグランカブリオは、そうしたヘリテージのアンバサダーです。マセラティのラインアップは、ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、後輪駆動、全輪駆動、最高級の素材、優れたエンジニアリングを備え、これまでにないほど完成されています。これら成功を収めた伝統のモデルは、デザイン、性能、快適性、優雅さ、そして安全性の観点から、イタリアのスポーツカーを再定義しています。