『レディオブック株式会社がF1スクーデリア・フェラーリとパートナーシップ締結』

Published by PRTIMES on

レディオブック株式会社(東京都渋谷区、代表取締役 板垣雄吾)とF1レーシングチームのスクーデリア・フェラーリ(イタリア、代表 マッティア・ビノット)はイタリア時間2020年3月28日、公式パートナーシップ契約を締結しました。日本企業がスクーデリア・フェラーリと公式パートナーシップ契約を結ぶのは、13年ぶりです。

 

  • 契約の背景

弊社は、スクーデリア・フェラーリが重要視しているリユース事業に力を入れております。今回のパートナーシップ契約を機に今まで以上にハイレベルなリユースビジネスを展開します。これにより日本において廃材への概念が特別なものに変わり、必要のない消費が減ることに繋がると考えております。

 

  • 契約の内容、今後の取り組み

2020年シーズンのフェラーリのニューマシンに弊社ロゴが掲載され、鈴⿅サーキットでのレースを⾛ります。レディオブックは、スクーデリア・フェラーリが日本国内において現在唯一のパートナシップ契約を結ぶ企業として、日本G Pでのフェラーリ、F1日本G Pを盛り上げるためのイベントを企画します。

 

 

また、今回のパートナーシップ契約にあたり、基盤強化のために以下の3名が弊社に参画することが決まったことをお知らせいたします。

田端信太郎氏 マーケティング戦 略 / 顧 問(https://twitter.com/tabbata
萩原清澄氏 クリエイティブ サービスオフィサー(https://twitter.com/KiyotoDrives
前田高志氏 クリエイティブディレクター / デザイナー(https://twitter.com/DESIGN_NASU

 

 

  • レディオブック株式会社 代表取締役 板垣雄吾‎コメント

この度、世界的かつ伝説的なレーシングチームであるスクーデリア・フェラーリとパートナーシップを結ぶことができ大変光栄に思います。
レディオブックのロゴマークは、Repair、Recycle、Reuse、Respectを現しています。スクーデリア・フェラーリもRepair、Recycle、Reuseのフィロソフィーを大事にしているとのこと。互いにRespectしながらパートナーシップ関係を維持していきます。
 

 

【レディオブック株式会社について】
2014年創業。スマートフォンなどモバイル端末の買取、販売、修理、レンタル、データ消去を一括で引き受けるスマートオンデマンドサービス事業が主力。ブランディング事業やコミュニティ運営も手がける。

会社名:レディオブック株式会社
住所:東京都渋谷区渋谷3-18-10 大野ビル2号館 8階
設立年月日:2014年7月1日
資本金:2,010万円
役員:代表取締役 板垣雄吾
顧問弁護士:北村晴男 弁護士(北村・加藤・佐野法律事務所)
HP:https://radiobook.co.jp/(公式ホームページ)
    https://www.i-remaker.com(主力ブランド「i+Remaker」ホームページ)

【スクーデリア・フェラーリ】
1929年に創設されたイタリアが世界に誇るF1レーシングチーム。F1創設世界選手権創設時から参戦している唯一のチームでF1史上最多となる16回のコンストラクターズタイトルを獲得し、9人のドライバーズチャンピオンを輩出している。世界中に多くの熱狂的ファンをもつことでも知られている。チームの本拠地「マラネロ」はイタリア・ロマーニャ州モデナ県。

【お問い合わせ先】
レディオブック株式会社
Tel:03-6433-5481(代表番号)
   080-2184-6330(担当直通)
Mail:press@radiobook.co.jp
受付:10:00-19:00(土・日・祝日を除く)
※年末年始休暇:12/28~1/3