高まる広告法令意識 600人が受験した「アフィリエイト関連の法令基礎」の解答結果を発表

Published by @Press on

アフィリエイトプラットフォーム「afb(アフィビー)」の開発運用をおこなう株式会社フォーイットは、誰でも広告法令に関するセルフチェックができる「アフィリエイト関連の法令基礎」を提供しており、約1年で解答者が600人を突破したことをお知らせいたします。600人突破に合わせて、解答傾向を調査いたしましたので公開いたします。

アフィリエイト広告は急速なスマートフォンの普及などにより、市場規模が続伸する一方で、一部の悪質なアフィリエイターによる虚偽誇大等の不当表示を含んだ記事や広告サイトを制作しているケースが発生し、消費者への影響・アフィリエイターへの法的責任・広告主の風評被害などが問題視される場面が増加しています。

上記のような社会問題を受け、当社は2017年より広告の健全性・安全性を目的に、広告法令の周知・法令遵守などの啓発を通じた「ユーザー保護」「広告掲載面の品質向上」「広告主のブランドセーフティ」への取り組み積極的におこなってまいりました。

このたび、取り組みの一環として2019年より提供する、アフィリエイト広告法令情報メディア「アフィリエイトに関わる法令情報」内にて、誰でも簡単に広告法令に関するセルフチェックができる「アフィリエイト関連の法令基礎テスト」の解答者が600人を突破いたしました。

■解答結果まとめ

得点の割合

問題別正答率

問題と正答率

詳しい解答結果はこちら→ https://www.afi-b.com/web/affiliate_clean/test_result.html

■考察

[著作権や薬機法関連の問題は、正答率が90%以上]

本テストは、著作権・景品表示法・薬機法・健康増進法などから幅広く出題されています。一般的によく問題となる著作権や薬機法の問題(問1.3.5.6)は正答率が90%と高い結果になり、広告表現などの認識や注意力が高いことが分かりました。一方で、広告法令の基礎知識(問2.8.9.10)については正解率が低い結果となりました。

全問正解者は全体の4%にとどまりましたが、解答者の多くが「勉強になった」という感想を寄せており、普段から広告法令に係る情報を積極的に収集していると推測されます。

<薬事法管理者からのコメント>

細かい表現や表現以外の部分は、自ら学んでいかないと入ってこない情報です。

今回のテストをきっかけに、自分自身で知識をつけることで誤った情報から身を守っていってほしいと思います。

afbでは今回の「アフィリエイト関連の法令基礎テスト」をはじめ、全3種類のオンラインテストをおこなっています。

テスト結果やいただいたご意見・ご要望を分析し、今後のサービスに活用させていただいています。

引き続き、広告法令に関する情報発信をおこなって参りますので、引き続きよろしくお願いいたします。

<「アフィリエイト関連の法令基礎」概要>

調査機関 :2018年12月1日~2020年2月29日

有効解答数:644人

調査方法 :インターネット

調査内容 :「アフィリエイトに関わる法令情報」ポータルサイト内で公開中の、「アフィリエイト関連の法令基礎」 https://www.afi-b.com/web/affiliate_clean/

【会社概要】

会社名 : 株式会社フォーイット

代表者 : 代表取締役社長CEO 吉澤 竹晴

所在地 : 東京都渋谷区円山町3-6 E・スペースタワー9階

資本金 : 10百万円(2019年4月末日現在)

事業内容: アフィリエイトプラットフォーム「afb」事業、

      インターネット広告代理事業、クリエイティブ事業、

      メディア事業、海外越境EC事業、アウトドアテック事業、CRO事業

URL   : https://www.for-it.co.jp/

<本サービスに関するお問い合わせ>

担当 : afbサポート運営事務局

TEL : 03-5728-5865

Email: support@afi-b.com