withコロナ時代における当社の新しいワークスタイルに関して

Published by @Press on

2020年ワークスタイル改革について

イスラエルの先端マーケティングテクノロジーを駆使する株式会社ギャプライズ(本社:東京都新宿区、代表取締役 CEO:甲斐 亮之、以下「当社」)は、ビジョンとして「4方よしを追求し続け世界中と関係性を広げ深める」を掲げております。新型コロナウィルス(COVID-19)感染症の拡大を受け、あらためて4方(世界、顧客、パートナー、自社)との関わりを意識し、ビジョンの実現のために何が出来るかを考え、さまざまな取り組みを開始してきました。
当社は緊急事態宣言期間の約3ヶ月の体験から得た発見と学びをベースとして、5月27日に新たなワークスタイル方針をリリースし、今後も継続的にトライアル・アンド・エラーを繰り返してまいります。

ギャプライズ
ギャプライズ

ワークスタイル改革に向けたおもい

当社では今回のコロナショックを、仕事にオーナーシップを持ち、仕事を自分ごと化していく為の機会とするべく、ワークスタイルを大きく変革いたします。本改革におけるキーワードは「自己決定」です。自己決定と幸福には、強い相関関係があると言われています。また、自己決定の裏には責任と覚悟が必要となります。
自己決定感と幸福感が高く、責任感が強い魅力的なメンバーで溢れる組織を目指します。

ワークスタイル設定の目的

◆従業員がベストパフォーマンスを発揮できるための環境を用意し、自信と誇りを手に入れること

◆災害などの緊急事態時でも確実に事業継続が可能にすること

ワークスタイルは ①5つの基本的な考え方に基づき ②4つのカテゴリごとに ③3回のフェーズに分けて取り組みます。

①:5つの基本的な考え方

1:労働時間や場所ではなく最適な環境で成果を出すことが重要
2:正しい成果は正しいプロセスと規律から生まれる
3:労働時間や場所は上長及びチームの合意をもとに従業員自身で決める
4:物理的なオフィスが無くても完全に業務が回る会社にする
5:コミュニケーション量は減らずむしろ増やす
  リアルのコミュニケーションの機会は定期的に設ける

②:4つの対象カテゴリ


4つのカテゴリ
4つのカテゴリ

働き方
働き方

物理的環境
物理的環境

コミュニケーション
コミュニケーション

業務体制
業務体制

③:3回のフェーズ

2020年中に以下3回の期間で実施予定です。
Phase1:2020年6月中
Phase2:2020年7月~9月
Phase3:2020年10月~12月

6月1日からの主な措置

・オフィスへの出社の制限を解除(但し体調不良時は出社禁止)
・オフィス出社時には自己検温を実施(高熱時には出社禁止)
・オフィス出社時には時差出勤を行いマスクを着用
・オフィス内での勤務時には2M以上の間隔を空け、密室を避ける
・外出や来客はオンライン会議を要請
・出張は極力差し控え
・多人数が出席するイベントの参加は控える(参加時はマスク着用)
・宴会等の社内外の夜間飲食は間引き等の対策がされている場所に限る
・子女の小学校等の臨時休校等による世話のため特別休暇を付与
・期間:当面の間(変更時はHPにてリリース致します。)

当社の立地する新宿は比較的リスクの高い地域であり、従業員の安全衛生と公衆に対する感染拡大防止の観点から、上記措置に変更の上、継続させていただきたく存じます。

なお、今後の取り組みや会社の方向性に関してCAO齋藤がインタビューに答えております。

ギャプライズについて

・会社名:株式会社ギャプライズ
・代表者:代表取締役CEO 甲斐亮之
・所在地:東京都新宿区西新宿2丁目4番1号新宿NSビル6F
・URL  :http://www.gaprise.com
「最先端テクノロジー×情熱的な人のチカラ」をモットーに、イスラエルの先端マーケティングテクノロジーである、SimilarWebをはじめ、Contentsquare、Optimizely等の海外で多くの導入実績のあるツールや先進的なテクノロジーを日本国内に導入/支援を実施しています。

本件に関するお問い合わせ

〇企業/広報に関する内容
広報担当 鈴木 隆司
info-pr@gaprise.com
TEL:03-5989-0492
※現在リモートワーク中の為、メールにてご連絡ください