大幸薬品、大学関連病院へ衛生管理製品『クレベリン』を寄贈

Published by 共同通信PRワイヤー on

大幸薬品株式会社(本社:大阪市西区、代表取締役社長:柴田高、以下、大幸薬品)は、医療従事者等の衛生対策支援に向けて、大阪大学医学部附属病院、九州大学病院、順天堂大学関連病院へ衛生管理製品『クレベリン』を寄贈したことをお知らせします。

 

大幸薬品では衛生対策による【快適な生活環境】、胃腸内環境改善による【健全な体内環境】の実現に向けた事業活動・社会貢献活動を通じ、人々が健康で安心して暮らせる社会の実現を目指しております。この度の活動が少しでも、医療現場での衛生対策の支援につながればと願っております。

 

◎大阪大学医学部附属病院 — 1,020個

(置き型150g 520個, 60g 500個)

◎九州大学病院 — 置き型996個

(置き型150g 80個, 60g 400個, ミニスプレー60mL 300個, スプレー 300mL 216個)

◎順天堂大学関連病院 — 置き型150g 687個

 

この場を借りて、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により、お亡くなりになられた皆様に謹んでお悔やみを申し上げます。また罹患された方及びご家族・関係者の皆様に、心よりお見舞い申し上げます。更に感染拡大防止に向けて奮闘されておられる政府諸官庁、自治体の皆様、診察・治療にあたっておられる医療関係者の皆様に心からの敬意を表します。一日も早い感染拡大の終息を祈っております。

 

 

(*) 衛生管理製品『クレベリン』について:

  https://www.seirogan.co.jp/cleverin/cleverin/

     成分である二酸化塩素について:

  https://www.seirogan.co.jp/clo2/index.html