【amsプレスリリース】amsがOSRAMの買収完了を発表、センサソリューションと光工学のグローバルリーダーの形成へ

Published by DreamNews on

amsは買収完了後にOSRAM株式の69%を保持、世界中のOSRAM従業員を迎え、統合が成功することを期待



高性能センサソリューションをグローバルに提供する大手サプライヤーのamsの日本法人amsジャパン株式会社(本社:東京都港区、カントリーマネージャー:岩本桂一)は本日、OSRAM Licht AG (以下、OSRAM)の買収締結を発表しました。本日付で買収は完全に完了し、募集価格が入札株式の株主に支払われました。

amsのCEO、Alexander Everkeは次のように述べています。「予定通り、OSRAMの買収を完了できたことをうれしく思います。amsとOSRAMを統合し、センサソリューションと光工学の世界的リーダー企業を目指す道のりのマイルストーンを実現できました。今後は共同で、光学技術のイノベーションを駆使した魅力的な新製品やソリューションをお客様へ提供できるようになります。

ヨーロッパを確固たる拠点とし、当社はOSRAMが持つ素晴らしい技術、IP、市場での地位をamsと組み合わせて活かすことで、光学分野で世界をリードする企業になれると確信しています。amsのグローバルチームは、これから世界中のOSRAM従業員を迎え入れ、両社の統合を成功裏に導けると期待しています」

買収後、amsはOSRAMの全株式の69%(自己株式を除く)を保有します。取引額は買収提案と追加購入に基づき、約27億ユーロに達します。OSRAMの大株主として、amsは株式保有に基づき近日中にOSRAMの監査委員会で代表権を取得する予定です。amsは、適切なタイミングで両社の統合に向けた今後の予定を発表します。

*本プレスリリースは、2020年7月9日にオーストリア、プレムシュタッテンで発表したプレスリリースの日本語訳です。

amsについて
amsは先進的なセンサソリューションの設計と製造におけるグローバルリーダーです。当社のミッションは、人とテクノロジーの間にシームレスなインターフェースを提供することで、センサソリューションで世界を牽引することです。amsの高性能センサソリューションは、小型フォームファクタ、低消費電力、最高感度、そして複数センサの統合を必要とするアプリケーションに最適です。amsは、民生、通信、産業、医療、自動車の各市場に向けて、センサソリューション、センサIC、インターフェースおよび関連ソフトウェアを提供しています。amsは、オーストリアのウンタープレムシュタッテンに本社を置き、グローバルで約8,500人の従業員を有し、8,000のお客様を支援しています。amsは、スイス証券取引所(SIX)に上場(ティッカー・シンボル:AMS)しています。詳細については、https://www.ams.comをご覧ください。

amsはams AGの登録商標です。また、当社製品およびサービスの多くはams Groupの商標または登録商標です。ここで記載されるその他全ての企業名および製品名は、各所有者の商標または登録商標である場合があります。本プレスリリースで提供される情報は公開時点にて正確であることが確認されており、予告なく変更される場合があります。