最も原始的な犬「ブッシュドッグ(ヤブイヌ)」の赤ちゃんを9月17(金)から公開します!

Published by 共同通信PRワイヤー on

 


神戸どうぶつ王国(株式会社どうぶつ王国、本社:兵庫県神戸市、園長:佐藤哲也)では、2021年9月17日(金)からブッシュドッグ(ヤブイヌ)の赤ちゃんを公開します。

ブッシュドッグは野生のイヌ科の中で最も原始的な種で、国内では6園館15頭(※1)しか飼育されていません。神戸どうぶつ王国では2019年3月から仲間入りし、今回初めて繁殖しました。生後一ヶ月を過ぎ、出生時約150gだった体重は現在900g以上まで増えました。開眼・萌出(歯が生える事)等、すくすくと成長し健康状態も安定しており、そろそろ活発に動き出す時期になりました。2頭のじゃれ合う愛くるしい姿をご期待ください。

(※1日本動物園水族館協会加盟園館)

■公開概要

【公 開 日】2021年9月17日(金)

【公開時間】①11:00~12:00 ②13:30~15:00 

【公開場所】コンタクトアニマルズ「ブッシュドッグ赤ちゃん展示場」

 

■ブッシュドッグの赤ちゃんについて

【出生日】2021年8月10日(火) 

【出生数 】2頭 オス1、メス1 (父親:ノリマル 母親:カリカ)

※赤ちゃんの名前は、現在挑戦中のクラウドファンディングで命名予定です。

 

■成長記録

8月10日(火)早朝5時頃、小さな命が誕生しました。

ブッシュドッグの妊娠期間は約2カ月。母親が落ち着いて出産できるよう準備を進め、獣舎内に取り付けたカメラで昼夜問わず母親の様子を観察できるよう万全の体制を整えその時を待ちました。前日、母親の採食量に変化があったため、飼育担当者は早朝からモニターを確認していましたが残念ながら1頭目は死産。後に生まれた2頭は母親が赤ちゃんから離れる様子が頻繁に見られたため人工哺育になりました。誕生直後からスタッフが交代で行なっている授乳も、1日7回から現在は4回になり順調に成長しています。

 

生後0日(8/10)生まれて間もない母子の様子。※観察モニターより。

 

生後1(8/11)ミルクを未だ上手に飲むことが出来ないためシリンジで与えます。

 

 生後9日(8/19)自力で飲めるようになったので、吸い口も変わりました。

 

生後11日(8/11)目が開きました。

 

 

生後24日(9/3)メスに歯が生えました。

 

生後26日(9/5)オスにも歯が生え、2頭がよくじゃれ合うようになりました。

 

■ブッシュドッグとは

英名:Bush Dog    学名:Speothos Venaticus
分類:食肉目イヌ科   分布:パナマから南アメリカ中部
説明:野生のイヌ科の中で、最も原始的な種で、上下の大臼歯が一対少ない。水かき状の皮膚が発達し、泳ぎが上手く潜水もできる。名前に入っているように、藪の中に住んでおり、敵に出くわすとその藪の中を前向いたままバック走して逃げるほどバック走が得意と言われている。メスは逆立ちをして排尿をする。群れで狩りを行い、ペッカリーやカピバラ、バク等の大きな獲物も捕食することがある。 現在、国際自然保護連合(IUCN)に準絶滅危惧種(NT)としてレッドリストに分類されてる。

 

※動物の体調により、やむを得ず予告なく内容が変更・中止になる場合がございます。

予めご了承ください

———————————————————————————————–

【本件に関するお問い合わせ先】

神戸どうぶつ王国(株式会社どうぶつ王国)

〒650-0047兵庫県神戸市中央区港島南町7-1-9 TEL:078-302-8899