心血管障害の増加により、心臓モニタリング・カーディアックリズム管理機器市場は拡大し、2025年までに380億ドル、CAGR5.5%と予測される。

Published by @Press on

2020年から2025年までの世界の心臓モニタリング・心拍管理機器市場は、5.5%のCAGRで健全な成長が見込まれています。心血管障害の発生率の上昇、心疾患の治療費の増加、外来および在宅医療サービスの利用の増加、技術の進歩、政府の有利な規制などが、心臓モニタリングおよび心調律管理の重要な推進要因となっています。さらに、自動体外式除細動器(AED)、皮下埋め込み型ICD、MRIペースメーカーなどの先進的な心臓機器の導入が、心臓モニタリングおよび心調律管理をさらに促進すると考えられます。米国では、心血管疾患(CVD)が死亡率の重要な原因であると考えられており、本製品の使用が増加しています。世界保健機関(WHO)によると、米国の全死亡者数の4分の1はCVDが原因であると推定されています。

サンプルレポートの請求はこちら: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=bis149634

最先端の低侵襲技術を用いて、患者の生活を改善し、様々な心臓手術の結果を改善したいという需要の高まりが、市場成長の重要な要因になると考えられます。さらに、米国のメディケア制度に代表されるような有利な償還制度の導入も、心臓モニタリングおよび心拍管理市場の成長を促進する重要な要因の一つです。

虚血性心疾患と脳卒中は、世界のCVD関連死亡者数の85%以上を占めています。CDCによると、2019年に米国で失われる命は、CVDが原因で約84万768人に上ります。さらに、冠動脈疾患(CHD)は、心不全や脳卒中とともに、CVDによる死亡者のほとんどを占めています。これらの疾患の経済的負担は、2030年にはおそらく10億米ドルを超えると言われており、心臓モニターや心拍管理に必要な予防機器の高さが浮き彫りになっています。

2020年4月、欧州心臓病学会(ESC)は、CVD患者がCOVID-19感染症例に脆弱性を示すことが予想されると提案しました。コロナウイルスのパンデミックのシナリオを正確に予測することは困難です。しかし、特に米国と欧州の厳しい状況を見ると、2020年には救命救急医療機器の需要が急激に増加することが予想されます。

しかし、SARS-CoV-2に起因するCOVID-19の大流行は、すでに世界中で何百万人もの人々に影響を与えています。この伝染性コロナウイルスは、医療機器市場を含むほとんどの分野に経済的な影響を与えています。World Economic Forumの調査によると、米国で入院している500人のうち、20〜44歳が20%、45〜54歳が18%を占めています。このような個人の入院の増加が、市場における製品の需要を高めています。

世界の心臓モニタリング・心拍管理デバイス市場のセグメント概要

世界の心臓モニタリング・心拍管理装置市場は、製品と最終用途に分けられています。これらの主要な市場セグメントは、さらに様々なサブセグメントに分類され、市場を詳細に調査しています。

製品別の展望

心臓モニタリング機器(ECG、イベントモニター、植込み型ループレコーダー、心エコー、モバイル心臓テレメトリー、その他
心拍管理装置(ペースメーカー、除細動器
植込み型除細動器(ICD)
心臓再同期療法(CRT)

用途別(病院、外来診療所、在宅医療、その他

キープレイヤーの紹介

Stryker Corporation、Medtronic、Abbott、Schiller、Boston Scientific Corporation、Zoll Medical Corporation、Koninklijke Philips N.V.、BIOTRONIK、Microport Scientific Corporation、GE Healthcare、Hill-Rom Holdings、Biotlemetry、日本光電工業、Spacelabs healthcareなどが、世界の心臓モニタリング・心拍管理装置市場の調査対象となっている主要プレイヤーです。

購入に関するお問い合わせはこちらから: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=bis149634