SEOキーワードツール「キーワードファインダー」に流入ページ/キーワード機能を追加! ~気になる期間の流入が増加したページ・キーワードを確認可能~

Published by DreamNews on

SEO対策サービスの開発・販売を行っている株式会社ディーボ(札幌市、代表取締役社長:藤沢 竜志、以下:ディーボ)の「キーワードファインダー」( https://keywordfinder.jp )は、コンテンツ制作に役立つキーワードを簡単に見つけるSEOキーワードツールです。
2021年10月21日、キーワードファインダーに新しく「流入ページ/キーワード機能」を追加しリリースしました。

今回追加した流入ページ/キーワード機能は、任意の期間を指定するだけで、サイトへの流入が増加・減少したページとキーワードなどの情報を一括で確認できます。
以下が確認できる内容です。

1) 調査したい比較期間を自由に設定できます。

2) サイトへの流入が増加・減少したページ、キーワードの上位10件を確認できます。
指定した比較期間ごとのクリック数、ページの表示回数、順位、指定期間との差異が一覧で確認できます。

3) 指定したキーワードでの過去1年分の月間検索数の推移、キーワード順位の推移、ランディングページが確認できます。

4)指定したURLで流入しているキーワードが一覧で確認できます。

サイトの流入が大きく増減した場合、原因を追究し、仮説を立てたうえで次のSEO対策を実施する必要があります。
原因を追究する際に、サイトの流入が大きく増減したページはどれか、また、検索数、順位、クリック数、流入しているキーワードの何が変化したかを把握することで、仮説を立てる際のデータとなります。

また、サイトを運営していると、定期的にサイトの流入状況の変化を把握する必要があります。

今回追加した流入ページ/キーワード機能を利用することで、任意の期間を指定するだけで、それらの情報を把握することができます。
取得したデータにより、的確なWEB戦略の立案、改善施策を実施管理できるようになります。
キーワードファインダーは、今後もお客様の声を反映し、より有益なSEOキーワードツールへ改良を図ってまいります。

1週間の無料体験版も用意しております。SEO対策・コンテンツマーケティングには、キーワードファインダーをぜひご検討ください。

キーワードファインダー デモ登録(1週間無料):https://keywordfinder.jp/demo
キーワードファインダー:https://keywordfinder.jp

■SEOキーワードツール「キーワードファインダー」とは
・(not provided)で見えなかった流入キーワードが分かる
・CVにつながった、CVが見込めるキーワードが分かる
・対策キーワード候補を自動で取得!
・キーワードの月間検索数(ボリューム)、難易度、関連度などを自動で取得!
・管理キーワード設定を行えばGoogle、Yahooの毎日の検索順位を自動取得!
競合サイトの順位も自動で取得するので比較しやすい!
・サイト内全ページの順位が付いているキーワードなどの情報を一括取得(上限1000ページ)

■お問い合わせ先と会社概要
●お問い合わせ先
team-f@devo.jp
011-708-0200(平日9:00~17:00)

●会社概要
会社名 株式会社ディーボ
本社 札幌市中央区北3条西2丁目8番地 さっけんビル4階
代表者 代表取締役社長 藤沢 竜志(ふじさわ たつし)
設立 2005年6月
資本金 2000万円
主要取引先 グーグル合同会社、ヤフー株式会社ほか
事業内容 SEO対策サービスの開発と販売

●コーポレートサイト
https://devo.jp/
○SEO有料ツールサイト
・キーワード発見ツール「キーワードファインダー」:https://keywordfinder.jp/
・ 完全自動の順位チェックツール 「BULL」 : https://bullseo.jp/
・ 大量順位チェックツール 「BULL GOLD」 : https://bullseo.jp/gold
○SEO情報サイト
・ SEOの研究成果と最新情報 「SEO Packブログ」 : https://seopack.jp/seoblog/
・ SEO対策の実験結果「SEOラボ」 : https://seolaboratory.jp/
○SEOサービスサイト
・ 月額固定7,980円(税込)の低価格SEO 「SEO Pack」 : https://seopack.jp/