未来都市の開発をテーマとして評価の高い、タイル配置ボードゲーム『銀杏都市』新版の日本語版が登場!【11月下旬発売予定】

Published by DreamNews on

株式会社ホビージャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:松下大介)は、名作『TROYES/トロワ』を手掛けたデザイナーが続けて発表した未来都市の建設ゲームとして未だ評価の高い『銀杏都市(ギンコポリス)』新版の日本語版を11月下旬に発売いたします。


その名のごとく、未来に続く持続性のある都市を。


2212年の近未来。学名Ginkgo Biloba、和名イチョウ。
世界で最も古く、最も強靱な木である銀杏が、自然と共生する新たな都市建設方式の象徴となっています。
人類は地球が与えてくれた資源を使い果たしており、資源の生産と消費の繊細な均衡を保つ都市を建設しなければなりません。
しかし、居住可能な土地は不足しており、人類はかつてないほどの高層建設に挑戦しなければなりません。
この新たな様式の都市を開発するため、プレイヤーは専門家チームを結集し、銀杏都市で最高の都市計画立案者になろうとします。

『銀杏都市』では、プレイヤーは同時にアクションを選択し、アクションの解決の結果として、資源の獲得や、タイル配置による都市の建設、高層化と特殊能力の獲得などを実行していきます。

最も効率よく都市を拡大させ、理想都市の建築に尽力をするのはだれになるか――手札管理とタイル配置の名作が、9年の時を経て日本語版となって再登場です!


【商品情報】
●商品名:『銀杏都市』日本語版
●価格:7,700円(税込)
●プレイ人数:1~5人用
●プレイ時間:45分
●対象年齢:10歳以上
●ゲームデザイン:Xavier Georges
●商品コード:3558380094777
●内容物:建物タイル 60枚、カード 100枚、木製資源駒 125個、都市化トークン 12枚、新たな手札トークン 10枚、ついたて 5枚、成功点トークン、建設現場マーカー 15個、ルールブック1冊

2020 (C) Pearl Games

【関連リンク】
●ホビージャパンのゲーム商品案内
https://hobbyjapan.games/
●ホビージャパン・ゲームツィート
https://twitter.com/HobbyJAPAN_GAME
●ポストホビーWEBSHOP|アナログゲーム
https://www.posthobby.com/hpgen/HPB/entries/3.html