退職代行サービスSARABAが労働組合としてリニューアル!

Published by PRTIMES on

株式会社ワン(所在地:東京都大田区、代表:上谷美幸樹)は、2019年8月に退職代行サービスを行う労働組合組織「退職代行SARABAユニオン」を設立しました。

報道関係者各位
プレスリリース                            2019年9月14日 株式会社 ワン

退職代行サービスSARABAが労働組合としてリニューアル
労働組合なら、退職代行だけでなく会社との交渉が可能に

株式会社ワン(所在地:東京都大田区、代表:上谷美幸樹)は、2019年8月に退職代行サービスを行う労働組合組織「退職代行SARABAユニオン」を設立しました。

今話題の退職代行サービスは、退職代行を行う際に非弁行為にあたる可能性があるため、会社との交渉などはできませんでした。しかし、労働組合として設立されたSARABAであれば、未払い給料の請求や有給休暇取得の交渉などを退職代行サービスと並立して行うことが可能となったのです。

 

【今までの退職代行サービスでは退職できないことも!】
民間の退職代行サービスを行う会社は、現在急激に増えています。純粋に退職代行だけを行うならば、民間の会社でも構いません。

しかし、昨今は会社側も退職代行による一方的な退職通知などに対して、対策を用意するようになってきました。中には、退職代行会社などの仲介を認めない会社もありますし、損害賠償請求などの脅迫まがいのことをちらつかせる会社すら存在します。

 

【労働組合でしかできない会社との交渉!】
退職代行に当たって、会社への退職の意思の通知は問題ありませんが、その際に会社との交渉などは弁護士法違反となる可能性があり、民間の退職代行サービスではできません。しかし、労働組合であれば、会社との細かい交渉も代行して行うことが可能です。

【労働組合なら損害賠償請求などでの交渉にも対応可能!】
ただ退職するだけだとしても、しっかりと会社と話ができる労働組合組織は必要不可欠です。退職日の調整を行うことはもちろん、未払い給料の請求や有給休暇の活用など、受けられるはずの利益を失わないように、さらにはできるだけ有利な条件での退職を獲得することが重要となってきているのです。

また、急な退職による会社側の損害について、損害賠償請求などをちらつかせてきたような場合でも、労働組合であれば、きちんと交渉のテーブルに着くことが可能です。

【業界ナンバー1の実績!】
退職代行SARABAユニオンは月の受託が500件以上にもなり、業界ナンバー1の実績をほこります。2019年8月までの代行累計件数は6000件を突破しました。

24時間365日電話やメール、LINEでの相談を受けることが可能で、退職できなければ全額返金補償まであるほどです。また、退職成功率はほぼ100パーセントを保っており、お客様からの信頼もしっかりと勝ち得ています。
 

■    会社概要
会社名 :  株式会社 ワン
代表   :  上谷美幸樹
所在地 : 東京都大田区大森南5-3-16
電話   :  0120-987-776
URL   :  https://taisyokudaikou.com/

Categories: ビジネス