【イダテ社調査報告】デジタル欧州 2030年:従来の主力企業は市場を救うのか?

Published by DreamNews on


【調査レポートのサマリー】
2019年7月発行

フランスの調査会社イダテ社(IDATE)の調査レポート「デジタル欧州 2030年:従来の主力企業は市場を救うのか?」は、2030年に至るデジタル欧州の4つの発展シナリオを分析している。デジタル技術による急進性に向かう特定の産業において欧州が役割を果たすことができるかを見極めるためである。中国やアメリカなどの、多くのデジタル市場を独占するような企業への対抗する力を分析している。大学などの高等教育機関、フランス国立工芸院、数十社の関連企業(アクセンチュア、エファージュ、エクスフォ、フランステレビジョン、オレンジ、TDF、ヴァレオ、ヴァンシなど)、フランス電子通信郵便規制庁、フランス預金供託公庫、フランス大企業情報通信連盟、経済・財務省企業総局などの機関と連携した4つのワークショップから今後の見通しを描き出している。

This report analyses four development scenarios for Digital Europe in 2030.

The purpose is to measure whether Europe can leverage its power in certain verticals that are poised to be radically altered by digital tech.

And to analyse its capacity to hold its own against, chiefly Chinese and American, players that dominate most digital segments.

The report draws on forward-looking analysis work from four workshops conducted with higher education establishment, CNAM, and some dozen participating companies (Accenture, Eiffage, Exfo, France Télévisions, Orange, TDF, Valeo, Vinci, etc.) and institutions (Arcep, CDC, Cigref, DGE).



フランスの調査会社イダテ社(IDATE)は、豊富なデータベースを基に通信、インターネット、テレビ等の調査レポートを出版しています。委託調査、コンサルティング、コンファレンス開催、シンクタンクとしての実績もあります。キャリア、通信機器/サービス、スマートホーム、技術サポート、テレビ・動画/ゲームについての調査レポートを継続的に出版し、英語やフランス語で提供しています。



■ 調査レポート ■

デジタル欧州 2030年:従来の主力企業は市場を救うのか?
Digital Europe 2030
Are traditional sector leaders coming to the rescue of digital Europe?
出版社:イダテ社(フランス)
出版年月:2019年7月
http://www.dri.co.jp/auto/report/idate/idatem19110mr.html

◆フランスの市場調査会社 イダテ社(IDATE)について
http://www.dri.co.jp/auto/report/idate/index.html

株式会社データリソースは、イダテ社の日本での正規販売代理店として、調査レポートの販売などを行っています。

◆このプレスリリースに関するお問合せ

イダテ社 日本正規販売代理店

株式会社 データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531
Fax:03-3582-2861
Eメール:office@dri.co.jp
http://www.dri.co.jp

◆データリソースメールマガジンバックナンバー
http://www.dri.co.jp/mm

◆メールマガジンのお申し込み
http://www.dri.co.jp/contact/magmag-form-tag.html