日商エレ、AI、ブロックチェーンを駆使し「DX meetupラボ」を設立 ~実証実験(PoC)から一歩先の現実解へ~

Published by @Press on

日商エレクトロニクス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO:寺西 清一、以下、日商エレ)は、本日7月30日、日商エレ社内に「DX meetupラボ」を設立しました。ビジネス開発や課題解決に向けて、それぞれの強みを持つパートナー企業が連携し、AI、ブロックチェーンなどのデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)技術を駆使して相互の「現実解」を目指します。

1. 背景・目的

DXを実現するには、一つのテクノロジーを単独の企業で追求するだけでは困難であり、企業がパートナーとしてそれぞれの強みを生かして連携するエコシステムをつくることが重要です。AI、ブロックチェーン、IoTなどのDX技術により信頼性と透明性が確保されたデータを利活用する場を提供するとともに、パートナー企業間の連携を推進する触媒の役目を果たすことを目的に「DX meetupラボ」を設立しました。技術活用や実証実験、研究活動だけでなく、データ駆動型社会に新しい価値を届けるビジネスの開発を目指します。

2. メンバー

・「DX meetupラボ」責任者:日商エレクトロニクス株式会社 DX事業本部長 細井 達夫

・「DX meetupラボ」設立アドバイザー:

カウラ株式会社 代表取締役CEO 岡本 克司

カウラ株式会社 アドバイザー(電力・エネルギー分野) 大串 康彦

株式会社チームAIBOD 創業者、代表取締役社長 松尾 久人

3. 活動内容

(1) パートナー企業間の連携を促進し、エコシステムの拡大とコミュニティづくり

(2) ビジネス開発、サービス開発の支援

(3) 物流、電力・エネルギーの領域におけるソリューション開発

(4) 調査・研究活動、および対外情報発信

4. パートナー企業

総合商社である双日のネットワークを生かし、物流や電力・エネルギーに携わる企業、DX技術に精通する企業、システム・サービス開発企業、データ流通コンサルティング企業、リーガル専門家や各種関連業界団体が「DX meetupラボ」のパートナーとなる予定です。また、今後は物流、電力・エネルギーの領域に強みを持つパートナーを拡大してまいります。

5. 概要

「DX meetupラボ」

(1) 「トレーサビリティ証明」

厳正な温度管理や原産地証明が必要とされるサプライチェーンにおいて、管理データの真正性や非改ざん性、トレーサビリティの証明をブロックチェーンによって実現します。

(2) 「巡回ルート最適化」

配送人員不足の解決や働き方改革として、人の勘や経験によらずデータに基づく需要予測や巡回ルート最適化を提供し、効率化とスキル平準化を支援します。

(3) 「エネルギー需要予測」

AIにより、電力・エネルギー業界で活用できる電力需要予測、発電予測、電力価格予測、蓄電池寿命予測などを行います。

■今後の展開

2019年秋に「DX meetupセミナー」を開催し、アドバイザーによる講演を実施します。物流、電力・エネルギー分野のパートナー企業とともにエコシステムやコミュニティを立ち上げ、リードし拡大してまいります。

また、2019年8月27日(火)~28日(水)に東京ビッグサイトで開催される「ロジスティクスソリューションフェア2019」( http://jils-lsfair.jp/ )の双日株式会社ブースにて各種ソリューションをデモ展示します。

■責任者 細井 達夫によるコメント

「“お客様の課題をPoCから一歩先の現実解へ”、『DX meetupラボ』が触媒となり、課題解決策の具体化を目指します。

企業は、“イノベーション”という言葉に導かれ、既存の課題解決に向けたDX化の取り組みに積極的です。

2019年はDX化の第二段階とも言え、テクノロジーのPoC段階から、実際の課題解決における運用体制まで含めた『現実解』が求められています。

今回スタートする『DX meetupラボ』は、具体的なテーマに沿った集いの場です。

それぞれ得意分野を持ち寄り、現実解を想定したビジネスシナリオをエコシステムとして組むことができます。」

■設立アドバイザーのプロフィール

・カウラ株式会社 代表取締役CEO 岡本 克司

外資系IT企業を歴任。ブロックチェーン技術の普及と利用技術専門会社としてカウラを設立。Enterprise Ethereum Alliance(EEA)加盟、グローバルブロックチェーンコンテスト入賞の実績がある。

・カウラ株式会社 アドバイザー(電力・エネルギー分野) 大串 康彦

プラント会社にて廃棄物処理プラントおよび燃料電池発電システムの開発、海外の電力会社にてスマートグリッドの事業企画および研究開発プログラムの運営、外資系事業会社にて燃料電池発電システム、蓄電システムの事業開発などを経験。

– IEEE P2418.5 エネルギー分野のブロックチェーンに関する標準化ワーキンググループメンバー

– 経済産業省「次世代技術を活用した新たな電力プラットフォームの在り方研究会」オブザーバー

– 経済産業省「平成29年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」ブロックチェーン法制度検討会(物流、サプライチェーン、モビリティ分野)構成

・株式会社チームAIBOD 創業者、代表取締役社長 松尾 久人

チームAIBODは、九州大学と九州先端科学技術研究所の2つの福岡のアカデミアのメンバーが集まり創業された。留学生を含む研究者の技術的知見を活かして顧客の課題解決や新規事業創出へのオリジナルAI開発を強みとする。2016年の創業以来3年、大手企業との開発を通し、クルマ業界、エネルギー業界、画像認識技術展開、またデータ資産化を主な事業領域としている。

■日商エレクトロニクスについて

日商エレクトロニクス株式会社は、「Innovation-Leading Company」として、ネットワークからサイバーセキュリティ、コンピューティング、クラウド、業務プロセス改善まで幅広い分野で、次の社会・ビジネスを見据えた新たなイノベーションを創出しています。”Your Best Partner”としてお客様のビジネスに寄り添い、ともに成長するビジネス共創を目指しています。

URL   : https://www.nissho-ele.co.jp/index.html

Facebook: https://www.facebook.com/nisshoele.pr/

*記載されている会社名、製品名は、各社の商標、もしくは登録商標です。

*記載の商品名、価格および担当部署、担当者、WebサイトのURLなどは、本リリース発表時点のものです。