ダビンチ手術のトップランナーが語る、神の領域に挑むがん治療。『名医の情熱 がん手術のトップランナーたち』2019年8月2日発売!

Published by DreamNews on


株式会社幻冬舎のグループ会社、株式会社幻冬舎メディアコンサルティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:久保田貴幸)は、『名医の情熱 がん手術のトップランナーたち』(宇山 一朗 著)を2019年8月2日に発売いたします。
――――――――――――――――――――――――――
手術支援ロボット「ダビンチ」において日本トップレベルの手術件数を誇る藤田医科大学病院。
そのトップランナーとして、様々な難手術を成功させている4人の医師たちを、実際の手術例とともに紹介。

革命的な手術支援ロボット「ダビンチ」。このロボットにより、がん手術は劇的な変化を遂げ、これまで人間の手技では不可能であった難易度の高い手術も行えるようになりました。手術後の傷はわずか数センチ、術後翌日には歩くことができ、わずか1週間後に退院できるなど、患者にとって大きなメリットをもたらしています。また手術後のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)も飛躍的に改善しました。
藤田医科大学病院では国内でもいち早くダビンチを導入、患者の負担が軽くなる手術法の開発に取り組み、本邦初の手術をいくつも成功させています。本書では、ロボット手術の可能性に挑む、同病院の4人の医師たちの医療観や手術にかける思い、そしてロボット手術によって健やかな生活を取り戻した患者たちの様子を紹介します。

【書籍情報】
書 名:『名医の情熱 がん手術のトップランナーたち』
著 者:宇山 一朗(ウヤマ イチロウ)
発売日:2019年8月2日
定価:1,400円(税抜)
体 裁:四六版・並製/204ページ
ISBN :978-4-344-92370-6

【目次】
第1章 テレビでも話題。 ダビンチ手術と、そのトップランナーたち
第2章 不可能に挑む肺がん手術のマエストロ 須田 隆
第3章 QOLの維持に懸ける信念 白木 良一
第4章 肝臓がんにダビンチで立ち向かった男 加藤 悠太郎
第5章 日本における胃がん手術の大革命 宇山 一朗
第6章 ダビンチ手術の名医に出会うためには

【著者プロフィール】
宇山 一朗(ウヤマ イチロウ)
藤田医科大学病院 総合消化器外科主任教授/医学博士
徳島県生まれ。1985年岐阜大学医学部卒業、慶應義塾大学医学部外科学教室入局。2006年、藤田保健衛生大学(現 藤田医科大学)消化器外科教授。同年、王貞治氏の胃がん腹腔鏡手術を執刀し話題となる。ロボット手術の第一人者であり、術者の育成にも尽力している。2019年4月末までにロボット手術だけでも胃がん400件、食道がん100件、肝臓がん50件、膵臓がん35件以上を執刀。腹腔鏡胃がん手術に至っては1000件以上の経験を持つ。スーパードクターとしてマスコミにも多数出演。