【バレー/Vリーグ】堺ブレイザーズ・松本慶彦選手 が通算出場試合数の日本記録を更新!

Published by PRTIMES on

バレーボールの国内トップリーグであるV.LEAGUEで、堺ブレイザーズ所属の松本慶彦(まつもと・よしひこ)選手が通算出場試合数を「353試合」とし、これまでの「352試合」(記録保持者:山村宏太・サントリーサンバーズ)を更新!チームメイトからの激励を受け、どこまで記録を伸ばすのか、注目だ。
松本選手は、第10回VリーグにNECブルーロケッツに入団し、2004年1月31日に初出場(対 豊田合成トレフェルサ/京都府立体育館)。以降 出場を重ね、本日の対ウルフドッグス名古屋戦で通算出場試合数「352試合」(記録保持者:山村宏太・サントリーサンバーズ)を更新した。
 

 

  • 通算出場試合数 (上位5位) 

 

順位 選手名 所属チーム リーグ数 試合数
1 松本 慶彦 ※ 堺ブレイザーズ 16 353試合
2 山村 宏太 サントリーサンバーズ 15 352試合
3 荻野 正二 サントリーサンバーズ 15 331試合
4 阿部 裕太 東レアローズ 16 324試合
5 盛重 龍 豊田合成トレフェルサ 14 323試合

 ※2019-20シーズン登録選手

 

  • 松本慶彦選手コメント

「この記録は、日本代表時代に一緒にプレーしていた仲間である山村宏太(現:サントリーサンバーズ・コーチ)が持っているということを知り、その記録を更新することができたのは、なんとも言えない気持ちです。
このような記録は意識してこなかったが、ここまでやってこれたのは、ファン・チーム・バレーを支えてくれている人達・家族のおかげだと思うので、とても感謝しています。
チームメイトからは、やっとこれでスタートラインに立てたと言われているので、どこまで記録を伸ばせるかわからないが、自分が出場した場合は、記録を更新しているということを噛みしめながらプレーをしていきたいと思います。」

 

  • 松本慶彦選手のプロフィール

所属   堺ブレイザーズ
生年月日   1981年1月7日 (38歳)
出身地   長野県長野市
出身校・前所属チーム   岡谷工業高校→中央大学→NECブルーロケッツ

□初出場   第10回Vリーグ (2003/04)
2004年1月31日 対 豊田合成トレフェルサ戦 (京都府立体育館)

□主な代表歴 
2007年 ワールドカップ
2008年 北京オリンピック出場
2010年 世界選手権
2011年 ワールドカップ

□主な受賞歴(Vリーグ) 
第12回Vリーグ(2005/06) スパイク賞・ベスト6
2011/12  スパイク賞・ベスト6
2013/14  Vリーグ栄誉賞
2014/15 スパイク賞・ベスト6